暮らしとアトリエ

A creative life in my favorite style.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ナツワリ
オーガニックシフォンケーキ

すっかりご無沙汰してましたおてんき 気がついたらもう九月。。慌ただしくもスローな夏を過ごした我が家です。八月に入ってから、娘がひどい夏風邪をひき、かなり長引いてしまいました。初めて採血などもして、何度も病院通い・・・暑い日々に母子共に堪えましたペンギン

そして、めでたいことに赤ちゃん 我が家に二人目のこどもが授かりましたぴかぴか そろそろ欲しいかな〜と思っていたら、すでにお腹に居座っていました。とっても嬉しい、と同時に、夏のつわりはキツイよ〜と友人たちから聞き、どんなもんかと身構えていましたが・・・想像を絶しました(笑)外の暑〜い空気を吸い込むだけで「うっ・・・」。あ、妊婦じゃなくてもそうだったかな、今年の暑い夏は凄まじかった汗

そんなわけで、今年の夏はすっかりインドア派だったわたしたち。夏風邪とつわりのWパンチに見舞われ、この期間に娘はすっかりアンパンマンづいてしまいました。絵本をたくさん読んだりアンパンマンを見たりしたおかげか、かなり言葉も出てくるように。

怠い毎日で手作りする気力も一気に失せる中、ラッキーなことに唯一減退しないのは食欲(今回はほとんど吐き気がありません)。近頃はなぜかお肉や甘いものなど、普段はノーマークなものに惹かれています。でも市販品は糖分がかなり多いので、今回オーガニックのシフォンケーキに初挑戦しました。洗双糖や新鮮な卵を使って、ベーキングパウダーは一切使いません。いつだったかの天然生活(オーガニックの特集号)に載っていた歩粉のオーナーさんが紹介していたレシピで作ってみました。

型は近くのスーパーで三千円もしたので、紙の型を使用。そのため、ケーキの表面がはげてしまい、形もゆるんでしまいました。が、味は思った以上に甘くてさっぱり!娘も手伝って混ぜたり見守ったり、そしてもちろん口いっぱい頬張って「おいし〜♪」を連発してくれました。やっぱり安心して食べられるものって、心にも体にも美味しいですね。こんな感じで、ゆったりマタニティライフを楽しんでいます。
| 母と子 | 09:28 | comments(8) | trackbacks(0)
おもちゃの国の主
            

遊びつかれてうとうと。。寝はじめた娘を運んで、ふと見るとおもちゃが散乱・・・。
いつもなら「また散らかして〜」となるところが、なぜかふと目に留まりました。
主がいなくなったおもちゃたち・・・なんだか寂しそうなぁ。というか、可愛く見える(笑)
でも、また主が起きて一緒に動き始めたら、また憎たらしく見えるから不思議。。

                                   シメシメ、寝たぞ〜
 
続きを読む >>
| 母と子 | 19:55 | comments(2) | -
幸せなお産
先日、娘が一歳になりました。



一年間。長かったような、早かったような、とても不思議な気持ち。
今はもう手足もスラリとして、ちょっと知恵がついた顔をする娘を、
ただタダ見つめるばかり。

その日はダンナさんと一日中、「去年の今頃は陣痛始まってたよね。」
「今頃は助産院に向かってたよね。」と、“去年の今頃話”をしてました。


わたしは助産院で娘を産みました。


普通のお家の、フツウのお部屋の、ふつうのお布団の上で出産。
母体にも赤ちゃんにも、自然で優しいお産でした。

娘が産まれ、お腹の上にのせられた時。
娘は鼻を吸引されることなく、自力で呼吸をして、泣きました。

へその緒は、ダンナさんが切りました。はじめは何でかなと思ったけれど、
そうすることで、ママと赤ちゃんだけでなくパパとの絆も強く感じました。

ダンナさんは娘が産まれたその日、ずっと一緒でした。
初めての授乳やおむつ替えは大変だったけれど、一緒に頑張りました。

布団を敷いて、親子3人で川の字になって寝ました。

夜中泣き出してどうしていいかわからなかった時は、交代であやしました。
それでもダメな時はダンナさんが歌を歌ってくれて、わたしも一緒に歌ううちに、
娘は次第に静かになり、ぐっすり眠りました。

わたしはお産のせいかなかなか眠れず、気づけば夜もうっすら白けてきた頃。
ふと、ダンナさんと娘を見ると。。同じ鼻のかたちをした二人の顔が、
天窓から差し込む柔らかい光に照らされて、キラキラ輝いていました。

「これからは毎日、こんな風に3人で朝を迎えるのね」と思った瞬間、
とても温かい気持ちになりました。

そんな世界一幸せなお産を、是非、二人目も!と、思います。
| 母と子 | 22:26 | comments(4) | trackbacks(0)
海より深い、娘のこころ

夏の終わりを惜しみつつ、海へ。。

娘は初めて間近に海を見ました。
波の音が怖いのか終始しかめっ面だったけど、
パパにしっかりしがみついて、じーっと見つめてました。

話は変わって、昨日のこと。

娘が滑り台の「すべりおりスタート」を、ひとりで!やりました(笑)
おしりをずりずりっと前進させて。。
ママの腕の中にどーん!と、とびこんできました。
それから5回も6回も、楽しそうにすべってゲラゲラ笑って。。

そんな中で、ひとつ気づいたことがありました。
それはすべり始めてからママにしがみつくまでの間、
娘は目をギュッとつむっていたんです。

ハッとさせられました。

ホントは怖かったんだろうな。
すべり始めた瞬間も、波打ち際に近づいたときも。
それでも、パパの腕の中でじっとしていた。。
それでも、ママの腕の中へとびこんできた。。

新米パパママに対する、海より深い娘の「信頼」を感じました。
| 母と子 | 21:17 | comments(2) | trackbacks(0)
ねがえり VS オムツがえ
近頃、とってもオックウしょんぼりなんです、オムツがえ。
寝かせた次の瞬間にはゴロンとねがえりしちゃう。。
ある時には、大きいほうの時にゴロンッ(しかも防水マットのりこえた!)。
「!!!!!」
服も汚し、防水マットも汚し、その下のマットも・・・昨日洗ったばかりなのに。
そんな日々。

まだ娘がねんねのころに某育児雑誌を読んでいて、
「オムツがえの時は、お人形を縫い付けた手作りヘアバンドをつけてます!」
みたいなことが書いてあって、「そこまでする?!」って思ったけど、
今となれば「ほ、ほしい」(笑)と思ったりして。

そんなこと言っても、毎日何回もやってくるオムツがえ。

そんなピンチを今のところどうやって乗り越えてるのかというと
1)もう1枚オムツを持たせる
2)「これ」を持たせる↓



1)オムツだと手軽なんだけど、ぐしゃぐしゃにされたり食べられたり。
プラスもしお友達がそばにいた時には、ちょっと見苦しい。。
その点2)「これ」だと機能的にも見た目にもイイ感じ。

「これ」実はオムツ専用のポーチ
オムツがえの時にママバック全部持ってくのはちょっと大荷物になるけど、
「これ」があればこれだけでお手洗いにいけちゃう優れものです。
デザイナーの方が全メーカーのオムツのサイズが入るように採寸したそう。



赤地にこじかちゃんが興味をそそるみたいなんだけど、それでもスグにポイッ
とされる時もしばしば。。無念。戦いは続く。。


そろそろパンツタイプにしろってことなのかなぁ。
| 母と子 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
FAVORITE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • X3
    yuco
  • X3
    akiko
  • ハロウィーン衣装101
    きなこ
  • ハロウィーン衣装101
    yuco
  • ハロウィーン衣装101
    yuco
  • ハロウィーン衣装101
    ウェンディ
  • ハロウィーン衣装101
    maki
  • やさしいお産カフェ
    yuco
  • やさしいお産カフェ
    yuco
  • やさしいお産カフェ
    maki
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHER
aaa