暮らしとアトリエ

A creative life in my favorite style.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ハロウィーン衣装101

ハロウィーン本番も、もうすぐそこまできていますおはな 今年は、近くの教会で行われるハロウィーンパーティーに出席する予定です。我が家は娘が0歳の頃から何かしら衣装をつけて参加していました。わたしがアメリカにいた頃、日本ではまだまだだったハロウィーンもすっかり定着していますね。わたしの中のハロウィーンは、もうあの頃から始まっていたんだなぁ。。かれこれ10数年前のお話。

さてさて、0歳・1歳はすでに出来上がった衣装が手に入ったのですが、今年は初めて0からのスタートパンチ かといって、出来合いのものは買いたくなかったのと、低予算で素敵な衣装を作ろう!という意気込みも相まって、今年は手作りで準備することにしました。

衣装のアイデアはいろいろ迷ったのですが、Family Fun というアメリカではメジャーなファミリー向け雑誌のサイトの中に、衣装のアイデア(作り方まで!・・・英語だけどね)がたくさん載っていました!さすがアメリカ、こういうのは豊富にあります。今年まだ何も準備できてないのよ〜という方は、是非のぞいてみてね眼鏡

といってもアイデア集は少し年齢が上の子供たちサイズで載っていたので、2歳の娘にサイズを合わせて、ささっと作ってみました。一度しか着ないから超手抜きだけどポッ 今年は妖精をイメージしてみました。

スカートにはピンクのサテン生地にソフトチュールを重ねて、☆のステッカーをぺたぺた。白いカットソーの背中に、チュールを重ねてリボンをつけた羽を縫いつけました。本当はワイヤーで羽を作りたかったけど、まだ危ないかなぁと思って。



星のバトンとかぼちゃのバッグを持って出来上がりラブ あとは嫌がらずに着てくれるか・・・が気になるところです。去年まではやらされてる感たっぷりだったけれど、今年は楽しんでくれるかな?たくさんお菓子をもらったら、独り占めされちゃいそうです汗
| 手しごと | 13:58 | comments(5) | trackbacks(0)
小さいお姫様のドレス
前回の記事で紹介した女の子。そう、5番目にして女の子、のお話。
何か特別なプレゼントをしたいと思っていたところ、ひらめき閃いた。



命名式の時に着る、真っ白いドレスを作りました。作らせて〜!・・・なんていうのは差し出がましいかとは思ったのですが。わたしにできる特別といったら、それくらいしかないわ〜汗・・・と思って聞いてみたところ、快諾。いよいよ本番を目前にした今週、いっきに縫い上げました。



ウエストのリボンと、生地に入っているラインの光沢が絶妙にマッチぴかぴか(自画自賛)でも実際、出来上がってみるまでヒヤヒヤしてましたあせあせ・・・希望のイメージにあってるかな・・・思ったよりシンプルになっちゃったな・・・(ちょっとブリブリな感じというリクエストだったので)・・・初めての娘に着せるドレスは、絶対好みのがいいよな・・・もしかして、わたし・・・

とんでもないことを、率先して引き受けてしまったのでは〜下向き

(遅いよ、今さら)←と、つっこんでみたり・・・一人芝居。



そんなこんなで一人頭の中グルグルさせていたものの、できあがり品を写メールで送ったら、とっても喜んでもらえましたラブ、ホップシュー。さてさて、あとは命名式の日を無事に迎えられるように願うのみです。

それにしても、ソーイングしたのは約半年ぶりくらいでしたおはな。『「暮らしとアトリエ」っていう割に、最近作ったものが載ってないじゃない??』・・・ごもっともです。なかなか手が伸びなくなってしまっていました。その理由としては、大きくなってきた娘の前で針などを使うのがおっかないなぁと思ったり、何らかの危険が伴うかも??と臆病になっていた、というところでしょうか。

でも今回やってみて発見したのは、意外にジャマされなかったってこと。たぶん、ミシンの音が・・・怖いらしい(笑)かといって、新生児の頃よりは手がかかるわけで(相手をしながら縫って・・・)、なかなか難しいです。みなさん、どうやって時間見つけてるの???と不思議に思いつつ、わたしもがんばりまーす。だって、やっぱり楽しかったんです、久しぶりのソーイング。
| 手しごと | 21:49 | comments(12) | trackbacks(0)
girly smock**
わたしの場合、「縫いたい!」と思うときは、突然やってくるのです。でも、それは往々にして“自分の腕に自信が無くなりそう”な時のような気がします。手を動かさないと不安になる(笑)・・・なんだか職業病みたい汗

娘がお砂場に興味を持つようになってから探していた“お砂場着”。探しても探しても、男の子っぽいのしか見つからず、やっと「これ」というのに巡りあった時には完売あせあせ次回のカタログまで待つか〜と思い、手にとった時には何故かブルーしか売っていなかった・・・ピンクはもうおしまいなの?そんな不満を問い合わせセンターにぶちまけることもできず過ぎゆく日々(笑)そんなある日、「自分で作ったら?」と言われた一言に、やっと重い腰を上げました。だって〜、パターンひくの面倒だったんだもーん(本音)猫2

そんな時に「縫いたい」火がついたもので、今回はとってもガーリーなお砂場着を作りましたぴかぴか手持ちの服やパターンを参考に、久しぶりにパターン作り。生地はswanyさんで購入しておいたコットンx麻のバラ模様と、シンプルなリネンを使いました。実はまだ娘とわかる前から買っておいたものでした。なんとなくそんな気分だったの・・・お腹から教えてくれていたのかな?

そんなこんなで、はいできあがりおはな



袖は切り替えをつけず、つなげたまま仕上げました。スモックだからそのほうが動きやすいと思って。



背中はリボンで結ぶようにしました。3つのちょうちょ結びが、仲良く並んでいます。本当はもうちょっと上であき止まりにしようと思っていたのに、勢いあまってズバッとカットしてしまったくるりん気づいた時には時すでに遅し・・・まぁ、そんなこともある。



あまり布でバブーシュカも作りました。つけた途端にとられるのは100%承知の上で、です(笑)あまりにもかわいかったので・・・ラブそしてわたしもおそろいで作ろうと思っていたら、とっておいたリネンの布がこれまたカットされていた・・・余計なカットが多いわたしですあせあせ

                              そして公園へ行きました。

続きを読む >>
| 手しごと | 23:54 | comments(6) | trackbacks(0)
年明け第一弾
新年お初は、エコクラフトに挑戦してみました♪なんでも幼稚園のママたちの間で流行ってるらしく、お弁当用のカゴを編んで持たせたりするそうで。わたしも現役幼稚園生のママさんから教えて頂きました。お宅にお邪魔するなり、おむつ入れやティッシュケースなどなど、ママさんの作品がいっぱいで素敵・・・☆


今回はバンビちゃんに挑戦☆(こちらは先生のお手本)
奥に写っているティッシュケースもエコクラフトで作ったもの。

紙の繊維が8本で一束(ものによって違う)で、それを6本どりとか4本どりにしたりして編んでいくという感じ。うーん、ボキャブラリーが少なくてうまく説明できないけれど、小学校のときに藤を編んだときのことを思い出しました(わからないよね:)。



こちらがわたしの完成品、オレンジ色のバンビちゃん。本数を少なくすると、ひとまわり小さい子バンビちゃんもできるそう。あれ?バンビも子じかよね。子バンビ・・・変よね(笑)まぁまぁ。次回はカゴやおむついれにも挑戦してみたいです。

あ、そういえば前回「白いマッシュルーム」で紹介したニットキャップも自分用に作ったんだった。というわけで、ふたつ一緒にパチリ☆
| 手しごと | 14:58 | comments(3) | -
2006年の縫い納め
          

濃紺に小さな白いドットが縫い込まれたウール生地。
とても好きな生地だったので、作りたい形が見つかるまでは作らないぞ!
と、思っていたら、早くも冬・ど真ん中あせあせこれは来期に持ち越しかな〜・・・
とその時、今回の天然生活(2月号)にドンピシャなバックの作り方を発見ぴかぴか

続きを読む >>
| 手しごと | 19:52 | comments(6) | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
FAVORITE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • X3
    yuco
  • X3
    akiko
  • ハロウィーン衣装101
    きなこ
  • ハロウィーン衣装101
    yuco
  • ハロウィーン衣装101
    yuco
  • ハロウィーン衣装101
    ウェンディ
  • ハロウィーン衣装101
    maki
  • やさしいお産カフェ
    yuco
  • やさしいお産カフェ
    yuco
  • やさしいお産カフェ
    maki
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHER
aaa